Web活 ブログ ライフスタイル

Su-Penを使ってみたよ!書き味と使い心地まとめ

iPad Proをこよなく愛す私がこの度、Su-Pen を手に入れました。

わーい(o´∀`o)

当ブログの下書きは全てiPad proでおこし、下書きができたらWordPressにデータを移動して、最後の仕上げをパソコンで行う…というのが一連のリズム。

この一連の作業の中で、図を書いたり、簡単な絵を描いたり、なんてことが出来たらいいな〜という希望がありSu-Penを手に入れてみました。(正確に言うと頂きました。誠にありがとうございます。)

今回はその使い心地についてご報告したいと思います。

そもそもSu-Pen(スーペン)って何?

Su-Penとは「スタイラスペン」のこと。iPad、iPhone上で文字を書くことができるタッチペン、定価3240円也。

「特殊な導電性繊維と4柔構造をもつ各機的なペン先」が売りで、確かに書き味は抜群。

さすがMade in Japanと唸ってしまいます。

開発会社のMetaMojiさんのHP内に「金属文具」とありましたが、この表現がしっくりくる書き味。

最初、この手のペンをツムツム的ゲームで使っている人を電車内で見かけて「必要?」と思っていましたが、一度使い出すと確かに戻れないね。恐らく指より良いスコアを叩き出してるんだと真剣に推測。

というわけで、私的使用感を紹介しますね。

Su-Pen(スーペン) 私のお気に入りポイント

Su-Penの書き味、感度の良さは優等生

最近、宅配の受け取りやクレジットカード使用時に電子サインをする機会があるかと思いますが、あの時に感じる「あれ、書けてる?書けてない?」みたいな思いをすることはないですね。特殊な電導性繊維とだけあって感度良し。

丸いペン先なので、使い勝手の慣れは必要かもしれません。でも問題ないかな。

100均でこの手のペンが売っていますが、さすがに違う。ペン先が引き連れる感がないし、ペン先の全動きを汲み取って文字にしてくれる感があります。

iPad Proは、純正キーボードと共に利用しているので、1度の充電で長時間利用が可能です。どこでも好きなところで文字が打てるので超便利!でも、流石にいつでもキーボードを出せる訳ではありません。特に移動中の電車内ね。

そんなときは、icloudで同期されたメモをiphoneで編集するのですが、指だと誤入力も多くて、イライラすることもしばしば。

もっと細い指先を下さい…

そんな気持ちになるわけです。この願いをSu-Penは叶えてくれました。

ペンを取り出す一手間はあるけど、その先の入力は超快適です。手袋取らなくてもいいし。長時間iphoneで文字を打っても苦になりません。目はつかれるけどさ(´ε`;)

指と同じ役目を果たしてくれるから、画面下からスワイプでメニューを出す時にだって問題なし。先の尖ったペンシルタイプだとスワイプでメニューは出せません。(ApplePencilでもそれは同じ。)

Su-Penは充電いらず!

Apple Pencilは充電が必要ですが、Su-Penは充電がいりません。箱から出したらそのまま使える。もちろん専用のペンたてもいりません。ペンケースの中に忍ばせておけば、いつでも利用可能な点は、かなり優秀。

書き味や感度のよさが一番の売り的な印象ですが、私の中ではこの充電いらずな点がけっこう重要。なんといってもUSBやBluetoothでiPadに接続されていないので、iPadの充電も減らないしね。

なんてエコ(*´∀`*)

 

アプリを使えば文字をそのまま電子化可能

このSu-Penを開発したMetaMojiさんは、アプリも開発されていてSu-Penでとったメモをそのまま電子化できるらしいです。

私はアプリを実際に利用したことはありませんが、日常で使っている人にしてみればもはやノートの必要がなくなるよね。

文具好き、かつガジェット好きという間にいる私としては複雑な思いですけど。

 

 iPadやiPhoneの画面が汚れない

我が家は、ゲームアプリやらyou tubeやらでよく子供にiPadジャックされるのですが、彼らからiPadが戻ってくる頃は画面がめちゃんこ汚い

指紋だらけ。

でもSu-Penが手に入ってからは、このペン使いたさに画面に触る回数が減ったので、画面が綺麗に保たれています。

衛生的だわ~。

 

ペン先保護キャップとペン先別購入可能の優しさ

ペン先保護キャップ、個人的に非常に気に入っています。なんせ、特殊な導電性繊維をお守りしなくてはなりませんからね。先述したように、ペンケースで持ち運ぶ場合は他の文具と擦れてしまうことが気になります。でも保護キャップがついていれば安心。

ペンのつまみ部分をくるくる回すと下におろせるようになっていて、降ろすとこんな感じになります。

また、近未来に摩耗したペン先だけを変えたいとなっても大丈夫。

ペン先だけ別売りされているのでこれまた安心です。

こういうちょこっとした気遣い的なポイントにMade in Japanを感じてしまうのは私だけじゃないはず。

特殊な導電性繊維や、ペン先保護キャップ、ペン先だけの別売りの思いやり。

じわじわくる下町ロケット感

きっと開発するのに色々ドラマがあったんだろうな、と勝手に想像してしまいます。

 

 Su-Pen(スーペン)の残念なところも探してみた

今までメリットばかりでしたからね。たしかに便利なんだけどあともう一歩…ってところも挙げておきたいと思います。

あんまりないんだけどさ...(´ε`;)

感度のよさは指より劣る

そりゃそうだよね...指打ちの早さにはさすがに勝らないのかな、と。
Su-Penの入力は、基本的に時差なしで反映されてストレスはありませんが、指で画面をなでるのと同じ動作をした時なんかにうまく感知してくれないときはあります。

電車内で利用するなら、座っている時の利用がおすすめです。さすがにSu-Penで歩きスマホはないとないと思うので...

 

ペン先の柔らかさ

感度は良くて問題なしですが、ペン先に硬さを求めている人には不向きかと思われ。

鉛筆的な硬さね。丸いペン先を使うのに多少の慣れは必要。

また、しっかりと微妙な感圧感までペンで表現を出したい人にはちょっと不向きかもしれません。

やはり文字用のペンなのでね。絵ではない。

とは言え…線だけでこれだけの絵がかけます。

もちろん、描いたのは私ではなく旦那様。

絵心があるって素晴らしいよね。羨ましいわよ。

子供のリクエストに応えるため、虫がモデルです。

苦手な人はごめんなさい。

ちなみにこちらは長男による絵。

お母さんのように絵心がない大人にならないようにね。

 

 Su-Penまとめだよ

いかがでしたでしょうか。

まとめとしては、Su-Penは優秀。そう言い切れると思います。

Su-Pen使い心地まとめ

  • 書き味、感度のよさは太鼓判。サクサク動くので長時間使っても疲れないよ。
  • 充電いらずのエコガジェット。どこでもすきな所で使えるよ。
  • 書いた文字をそのまま電子化可能。会議に便利だね。
  • iPadやiPhoneの画面を汚さないので衛生的。
  • ペン先保護キャップ、ペン先別売など優しい機能とサービス。長く使えるね。
  • 丸いペン先を使うには少し慣れが必要。固さがペン先にほしい人には不向きかな。

もちろん文字を書くのか絵を描くのかの目的によって、ApplePencilと比較をしたら使い勝手に甲乙が出てきてしまいます。でも充電いらずな点、そしてその価格を比較したらSu-Penはかなり優秀だと思うんです。(ApplePencilは1万円以上します。)

100均で買えるものを3000円出して買うの?って考えるか、継続して利用できる質の高い利便性に3000円出す、って考えるかはあなた次第。

私は断然ありだと思います(・´∀`・)/ 何せ、Made in Japanの下町ロケット的技術がぎゅぎゅっと詰まっているんですから(またもや勝手なイメージだけど)

機会があれば、是非あたなもお試しあれ。

その時に、今回の記事がお役にたてれば万々歳♡

MetaMoJi Su-Pen アルミニウム軽量ペン軸タッチペン iPad/iPhone用スタイラスペン 【iPhone6 Plus5.5インチ iphone6 iphone5s/5 iPad】【送料無料】【ポストイン指定商品】P201S-T9 スーペン/supen メタモジ タッチペン スマホ タブレット
created by Rinker


人気ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
てんてこマンマ

てんてこマンマ

留学なし純国産の学校授業で英語を習得。もとデパガが英語を身につけ外資系働きマンに。東京在住、2児( ♂)のおかん。子育ては「モノより思い出」をモットーにマイルで旅する陸マイラー。 子育て、英語習得、陸マイラーや副業模索の道。これまで自分が試してきたこと、失敗したこと、現在進行形の話、これから挑戦したいことの諸々をブログにしたためています。忙しい毎日に心の余裕とスパイスを!一人でも多くの人に役に立てれば万々歳。 この度未来の選択肢を増やすため副業で成功すると決めました。近未来は場所を選ばぬノマドワーカーへ ✨ 人気ブログランキング、参加してマス。よろしくお願いします。 人気ブログランキング Follow @tentekomom

-Web活 ブログ, ライフスタイル
-

Copyright© てまひマンマ備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.