子育て

【保育無償化 認可外への光】 評判◎なキッズラインも対象の一部だってよ

令和の元号もじわじわ馴染んできた令和元年(2019年)秋。10月1日から「幼保無償化」が施行決定しました。いわゆる保育無償化ね。
今回注目したいポイントは、この保育無償化の波が認可外保育施設へも及び、じわっとベビーシッターという選択肢に光が当たり始めたということ

増えた増収がどのように利用されるのか、しっかり覗いてみましょ。

保育無償化の対象をざっとみてみる

今回の保育無償化の対象をざっと総まとめ。

政府広報のHPより抜粋をいただきます。

対象:3歳〜5歳児クラス。(*住民税非課税世帯:0歳〜2歳児クラスも対象)

 

ちなみに、この無償化では幼稚園の送迎費や食材料費、行事費などは、対象ではありません。

で、注目したいのは「認可外保育施設等」ってやつです。

認可外保育施設には何が含まれる?

まず、認可外保育施設とは以下になります。

認可外保育施設とは

  • 一般的な認可外保育施設
  • 地方自治体独自の認証保育施設
  • ベビーシッター(認可外の事業所内保育等)
  • 一時預かり事業
  • 病児保育事業
  • ファミリーサポート・センター事業

 注目すべき認可外の「ベビシッター」という選択肢

今回注目大なのは、認可外の保育対応策に「ベビシッター」が「正式に」保育手段として認定されたということ。

海外ではとてもメジャーなベビシッターという選択肢。映画のワンシーンなんかでもよく出てきます。

フランスでは、同じエリアに住むご近所さんとベビーシッターをシェアするシステムがあるのだとか。(友人談)
そんな深い浸透レベルと比較すると日本ではまだまだ普及していないのが現実です。

それが、今回正式な選択肢に入ってきた。

個人的にはこれがきっかけで、「ベビーシッター」がじわじわとメジャーな選択肢の仲間入していけばいいなと思います。
選択肢が増えれば、子育て中のお母さん、働くお母さんが助かりますからね。

認可外保育施設の無償化の内容は?

認可外保育施設の無償化の内容は下記の通り。

認可外保育施設の無償化の内容

  • 保育所、認定こども園等を利用できていない3~5歳児クラス月額3.7万円まで無償
  • 保育所、認定こども園等を利用できていない0~2歳児クラス住民税非課税世帯が対象。月額4.2万円まで無償
  • 幼稚園に通う子供の預かり保育としてベビーシッターを使う場合 :月額1.13万円まで

 

認可外保育無償化の対象は

ちなみに…今回の保育無償化でベビーシッターを利用できるのは、前述した通り、保育所、認定こども園等を利用できていない方が対象。
現在認可保育所 や認定こども園等を利用している人が「上乗せ」して使っても、無償化の対象にはなりません。

そしてさらには、保育無償化制度でベビーシッター利用費の補助を受けられるのは、住んでいる市区町村から「保育の必要性の認定」を受けた世帯に限られます。(「保育の必要性の認定」に関しては後述)

んー、ベビーシッター利用の扉が閉ざされていく…

いやいや…ヾ(´ε`;)ゝ…

何はともあれ、ベビーシッターが「正式な保育手段」に入ってきたことが大きな一歩なのです。

少なくとも私はそう思う。

 ベビーシッターってどこで頼めるの?

これまで馴染みがなかっただけに、ベビーシッターさんってどこで頼めるんでしょうか。ファミサポさんとは違うので区に頼むのとは違う。

そんな時にとても心強いサービスが「キッズライン」です。

キッズラインとは?24時間OKな心強いサービス

キッズラインとは、全国でスマホからサービス依頼ができるベビーシッター・家事代行サービスです。

しかも24時間対応。

コンビニと一緒ですよ、24時間対応って。すごい。

スマホを使うサービスもここまで来たか…という感じがします。
便利だ。

ベビシッターを「お願いしたい人」と「お願いされる人」をマッチングしてくれる。それがキッズラインの特徴です。

こんな感じで自分の住むエリアと希望などをすり合わせながら、シッターさんを選びます。↓

(当ブログ内では顔を消してあります。)

  • ベビシッターサービスの子供の対象年齢:0〜15歳
  • 保育種類:通常保育、病児保育、産前産後ケア 、簡単な家事(そのほか、英語とか音楽レッスン、家庭教師なんていうリクエストもオプション料金で可能)*ちなみに、今回の保育無償化の対象はベビーシッターなので、家事代行は含まれません。
  • 料金:入会金、年会費無料
    1時間1,000円〜
    基本料金はサポーターの時給×時間 (予約は1時間〜)
    (+オプション料金+手数料+交通費)

私自身、ベビシッター利用の相場っていうのがピンとこないんですが、キッズラインが低価格であることは一目瞭然です。

これは、マッチング〜決済までの全てがIT化されているおかげ。

これにより徹底的にコスト削減が可能になっているとのこと。

あとユニークなのが、ベビーシッター自らが時給やオプションの価格を設定をするということ。

きっと「売れっ子」的存在のベビシッターもいるんでしょうね。

キッズライン:ベビーシッターを利用する手順は?

キッズラインでベビーシッターを利用しかつ補助を受ける場合、ややハードルがあがります。
利用者住んでいる市区町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要がある。

詳細はそれぞれの市区町村のサイトにでているので、「お住いの市区町村名 + 保育の必要性の認定」でネット検索すると出てきますよ。

順序としてはこんな感じ。

step
1
「保育の必要性」を住んでいる区市町村へ認定申請


step
2
申請を受けた市区町村が「*客観的基準」に基づいて保育の必要性を認定


(*就労、疾病など保育を必要とする事由、また保育を必要とする時間等)

step
3
認定された場合、市区町村から「支給認定通知書」が発行される。

後々に利用する保育サービスへ提示が必要になることもあるので、要保管。

キッズライン:保育無償化の対象でなくてもお得に使えるよ

「保育の必要性」の認定…とかなると、利用開始のハードルが高い。
補助なしでいいわぃ、という人もいると思います。

そんな人に朗報。

キッズラインをお得に利用できるサービスがあります。

というのも、キッズラインでは補助なしでもお得に利用してもらえるよう各社福利厚生サービス会社や地方自治体と連携しています。

助成制度がある地方自治体

  • 品川区:産後の家事・育児支援のヘルパー等の利用助成
  • 千代田区:病児・病後児保育の助成
  • 渋谷区:病児・病後児保育の助成
  • 調布市:ベビーシッター利用料助成
  • 福岡市:福岡市産後ヘルパー派遣事業
  • 尼崎市:子ども・若者応援クーポン

▶詳しくはこちら

ベビーシッターの補助を出そうって頑張ってくれてる地方自治体、イケてるよね。

是非とも今後増えていってほしい限りです。

まとめだよ

2019年10月1日から保育無償化がスタート!

  • 対象年齢:3歳〜5歳児クラス
  • 対象施設:幼稚園、保育所、認定こども園、幼稚園預かり保育、認定外保育所

注目は、認可外の保育対応策に「ベビシッター」が「正式に」保育手段として認定されたということ。

保育無償化でベビーシッターを利用できる対象者:保育所、認定こども園等を利用できていない方
また、保育無償化制度を利用してベビーシッター利用費の補助を受けられるのは、住んでいる市区町村から「保育の必要性の認定」を受けた世帯に限られます。

ベビーシッターを頼むならキッズライン
全国でスマホからサービス依頼ができるベビーシッター・家事代行サービス。24時間対応。

料金:入会金、年会費無料
1時間1,000円〜
基本料金はサポーターの時給×時間 (予約は1時間〜)
(+オプション料金+手数料+交通費)

保育無償制度の補助なしでもお得に利用できるよう各社福利厚生サービス会社や地方自治体と連携しています。

保育無償化で踏み出した第一歩。
全国のお母さん、お父さんが少しでも子育てしやすくなりますように!


人気ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
てんてこマンマ

てんてこマンマ

留学なし純国産の学校授業で英語を習得。もとデパガが英語を身につけ外資系働きマンに。東京在住、2児( ♂)のおかん。子育ては「モノより思い出」をモットーにマイルで旅する陸マイラー。 子育て、英語習得、陸マイラーや副業模索の道。これまで自分が試してきたこと、失敗したこと、現在進行形の話、これから挑戦したいことの諸々をブログにしたためています。忙しい毎日に心の余裕とスパイスを!一人でも多くの人に役に立てれば万々歳。 この度未来の選択肢を増やすため副業で成功すると決めました。近未来は場所を選ばぬノマドワーカーへ ✨ 人気ブログランキング、参加してマス。よろしくお願いします。 人気ブログランキング Follow @tentekomom

-子育て
-, , , ,

Copyright© てまひマンマ備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.