お金のこと 生活の知恵袋

キャッシュレス時代到来!キャッシュレス決裁の種類はいくつあるの?

更新日:

ニコニコ現金払い、なんて言葉があるこの国に「キャッシュレス」の波が押し寄せて来ました。

消費税増税の際、「キャッシュレス決済してくれたら、国が5%分還元するよ!(限定9カ月間)」なんていう家系負担の軽減対策まで飛び出しました。

注目を集めている「キャッシュレス」ですが、結構種類があってわからないという人、多いと思います。

というわけで

この記事では「キャッシュレス」と呼ばれる決済方法の種類をまとめてみました。

あなたのお役に立てれば万々歳。

キャッシュレスで決済!その種類は?

大きな違いは支払うタイミング

数多あるキャッシュレスカードですが、それぞれの大きな違いは支払いのタイミング。

下記3つのチームに分かれます。

キャッシュレスな支払いタイミング

  • 前払い型: お金を事前にカードへチャージする
  • 即時決済型: 銀行の預金口座直結
  • 後払い型: クレジットカード会社が先に支払った額を後に支払う

クレジットカードでお金の使いすぎが心配という人には、前払い型と即時決済型の人気があるようです。

私は家族旅行の為にマイルを貯めたいので、断然クレジットカード派。

それでは一つ一つ詳しく見てみましょう。

クレジットカード

  • 支払いタイミング: 後払い
  • 申し込み時の審査:有り

VISAMasterCardJCB などのブランドがある。

クレジットカード会社が一旦支払いを建て替え、利用者は後払いするタイプ。

カードが何らかの理由で使用不可にならない限り、高い物でもじゃんじゃん買えてしまう怖さがあります。

支払いが滞ると、信用情報に傷がつくのでご注意を!

クレジットカード / メリット

  • 世界中でお財布いらず。現金を持ち歩かなくてもいい。

クレジットカードが提携している企業によって、ポイントやマイルなどが還元される。(我が家が海外旅行へ行けるのは、マイルのおかげです)

ANAカードでマイルを貯める設計図 おすすめのANAカードを3枚教えるよ

こんにちは。 前回はポイントサイトを使ってANAマイルを効率よく貯める方法を紹介してみました。 「よし、ポイントサイトを使うことはわかった。じゃぁポイ活始めてみようか…」と思っているあなた。 次に考え ...

続きを見る

  • 都度利用で本人の認証(暗証番号の入力やサイン)が必要なので、不正利用されにくい。

不正利用があった場合も「被害」とカード会社に認定されれば支払の必要はなし。

クレジットカード / デメリット

  • 個人情報を抜き取られるリスクがある。

基本的に本人の利用が原則のクレジットカードですが、フィッシング詐欺に巻き込まれると、個人情報を抜かれてしまうというデメリットもあります。

お恥ずかしなら、私、2回も引っかかってますので。

電子マネー

  • 支払いタイミング:基本的にプリペイド=前払い
  • 申し込み時の審査:なし(クレジットカードサービスが付いている電子マネーは審査あり。)

中にはクレジットカードと一体化したカードもあり、カード内の残高が一定金額以下になった場合、自動的に定額をオートチャージ機能で積み増しをしてくれる。積み増しする金額は、自分で決められる。

後払いの電子マネーもある(QUICPayiD)

*iDは前払いも可能

オートチャージ機能がついていないと、毎度の入金作業が結構手間なので、クレジットカード派の私としては、クレジットカードと一体化しているものがオススメです。

 

電子マネーの種類

電子マネーは、交通系とブランドプリペイドの2グループにわけることができます。

1)交通系

SuicaPASMOICOCASUGOCA、はやかけん(他にも多数あります。もはやご当地カードしている。)

2)ブランドプリペイド

数多あります。

WAON(イオングループ)、nanaco(セブンイレブン、イトーヨーカドー)、楽天Edy(楽天)au WALLETdカードプリペイドのように携帯キャリアから出ているものも。

iDQUICPayの使い勝手はクレジットカードを上回る便利さ

iDは以前はクレジットカードに付随する電子マネーで「後払い」のみの支払い方法でしたが、最近はプリペイドカードやデビットカードとの抱き合わせが新しく登場して、選択の幅が広がりました。

「後払い」可能な、iDQUICPayの大きな違いは買い物の限度額。

iDは使用額が付随しているクレジットカードの限度額に含まれるため、高額決済も可能です。

一方、QUICPayは一度の限度額が2万円なので、それを超える決済はできない。

2万円も十分高額ですけどね。

サイン要らずで使えるので、不正利用された時の被害を食い止めるには、2万円の限度額がそこそこ抑止にはなるかもしれません。

(繰り返し2万円以下の買い物を続けられるというイヤなパターンも考えられますが。)

 

電子マネー / メリット

  • ある程度の入金をしておけば、お財布いらず。
  • 小銭を支払う煩わしさがない。

お財布を持ち歩かなくて良いクレジットカードと比較しても、暗証番号の入力や、サインをしなくて良いので、会計に必要な時間は最短でしょう。

利便性に重ねて、利用額をほぼ気にしなくていい点を踏まえると、「後払い」型の電子マネー(iDQUICPay)が最強。

 

電子マネー / デメリット

1)落としたらアウト

利用時に本人の認証が必要ないので、不正利用されやすい。

クレジットカード一体型ならカードを使えないように止められますが、前払いでチャージしてしまったお金は、戻りません。

よくある不幸なケースが、チャージ限度額マックスで数万円をチャージして落としてしまうというケース。

悔しすぎて夜も眠れなくなるのでご注意を。

2)利用できるのが加盟店のみ

「のみ」とはいえ、加盟点数は年々増えていますからね。肌感覚ではあまり不便を感じません。

これまではiDが使えなかったけど、Suicaは使えるというのように、何かしら使えるということが多いので。

個人的にはタクシーでiDが使えるようになったのが非常にありがたいですね。

私が利用しているSuicaは、改札を通過時の残額でお金が積み増しされるタイプなので、タクシーや他店舗で残高が少ないとチャージ不足という事態になってしまうので。

デビットカード

  • 支払いタイミング:銀行口座の残高からリアルタイムで引き落としが行われる。
  • 申し込み時の審査:概ねなし(口座直結なので、与信審査いらずなケースが多い)

口座残高以上の利用はできないので、使いすぎが心配な人にはクレジットカードよりも好まれやすいですね。

VISAMasterCardJCBなどの国際ブランドと提携したデビットカードと、その他「ジェイデビットカード」の大きく2つに分けられます。

国際ブランドと提携したデビットカードは、世界中の国際ブランドの加盟店で使用できます。

24時間利用可能なものが多い。

J デビットカードは申込手続が不要。加盟店ではなんとキャッシュカードがそのまま使えるという便利な点もありつつ、各金融機関ごとに利用可能時間の制限があったりと不便な点も残ります。

デビットカード/ メリット

  • ニコニコ現金払いに一番近いキャッシュレス決済。外出の時はお財布いらず。

VISAMasterCardJCBなどの国際ブランド提携デビットカードなら、世界中で利用可能。

  • 口座直結なので、使い過ぎの心配がない。

デビットカード / デメリット

  • Jデビットは、提携店舗数の縛りと、各金融機関ごとに利用可能時間の制限があるのでやや不便

 

海外ではかなり主力なデビットカード

これまでに会ったヨーロッパ出身の人曰く、日本に来てデビットカードの浸透率が低いのにびっくりしたと言っていました。

確かにそうかも。

彼らの話のおかげで、私も国際ブランドが提携しているデビットカードがあることを知りました。

海外(ざっくりヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア)では、銀行のキャッシュカードにディフォルトで国際ブランドのデビットカードが搭載されていることがほとんど。

なので、我々日本人が持つイメージ「外国はカード決済ばっかり」っていうその大半は、デビットカード決済で口座から即時の引き落としだったりします。ニコニコ現金払いに近いですよね。

私がホームステイでお世話になっていたカナダの家でもデビットカード利用が多かったです。

あの当時、まだ「トラベラーズチェック」を利用していた私。毎回の換金のために銀行いかないといけないので、「カードないの?」ってよく皆から聞かれましたね。

時代の流れを感じます。

 

まとめだよ:キャッシュレス決済の種類

キャッシュレスの決済は、支払いタイミングで大きく3つにわけられるるよ。

  • 前払い型: お金を事前にカードへチャージする
  • 即時決済型: 銀行の預金口座直結
  • 後払い型: クレジットカード会社が先に支払った額を後に支払う

キャッシュレス決済の種類は以下の通り

  • クレジットカード
  • 電子マネー / 交通系電子マネー & ブランドプリペイド
  • デビットカード / 国際ブランドのデビットカード & Jデビットカード

私は、マイルを貯めるという目的のもと、ほぼ現金を持ち歩いていません。

iDがあるところでは、iDを。

通勤時はクレジットカードと一体型のSuicaを利用。そのほかはクレジットカード決裁。

いくら使ってるかわからないの、怖くない?という人もいると思うんですが...

この生活を続けていると、だいたい1ヶ月の出費がいくらなのかがわかってきていますし、利用額をチェックしつつ使えば問題なし。

しかも、利用明細を見れば何に利用したかは一目瞭然です。小銭単位で。

逆に、ニコニコ現金払いの人たちは、利用した現金を小銭単位で何に使ったか追えているんでしょうか。

そんなことを思うと、キャッシュレスがとても健全に思えてきました。

今後、決済方法の主流になってきそうなキャッシュレス。上手に付き合っていきましょうね。

 


人気ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

てんてこマンマ

東京在住二児の母、外資系会社員。子育て、英語習得、陸マイラーや副業模索の道。これまで自分が試してきたこと、失敗したこと、現在進行形の話、これから挑戦したいことの諸々を綴りたいと思います。忙しい毎日に心の余裕とスパイスを!一人でも多くの人に役に立てれば万々歳。 人気ブログランキング、参加してマス。よろしくお願いします。 人気ブログランキング

おすすめ記事

1

こんにちは。 今回の記事は、英語の勉強方法に悩みを抱えている人への朗報です。 英語の勉強方法って山ほどありますよね。本屋へ足を運ぶと勉強方法のハウツー本が山積み。 で、あれもこれも手を出してしまう… ...

2

みなさん、副業してますか? ついに2019年 4月から働き方改革関連法が実施になり、政府が「みんな〜、副業していいよ〜。」とGoサインを出しました。公務員の方にだってこの副業のOKの波はじわりじわりと ...

3

あなたはポイントサイトを知ってますか?ポイントときくと、めんどくさいって反射的に思う方もいるでしょうね。 でもちょっと待ってください! ポイントサイトで貯めたポイントをマイルにかえて、旅行にいけると聞 ...

-お金のこと, 生活の知恵袋
-, ,

Copyright© てまひマンマ備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.