子ども英語 子育て 英語習得

幼児~子供の英語教材オススメ! DWEは失敗してもこれだけは続けられました

子供が小さなうちから英語を始めさせたい。子供には英語で苦労してほしくない…そんな願いを持つお父さん、お母さん、多いと思います。

なら、早いうちからはじめてみるか!と行動に移したい所ですが、子供の英語教材って大人同様めちゃくちゃある。

これまでに教材を選ぶ段階で迷子になり、力つきた人もいるでしょう。

この記事では、そんな子供の英語教材選びで大事なポイントを紹介しつつ、DWEは本棚に放置してしまったズボラな私の管理でも続けられた英語教材を紹介したいと思います。

記事内の「幼児〜子供」とは、学習スタートが1歳〜5歳目安をイメージしてもらえると読み進めやすいかなと。

(オススメの教材が英語の発話よりも、聴く耳を育てることにスポットライトを当てています。)

もし5歳以降だったとしても決して遅い訳ではありません。

むしろ英語耳作りと平行して色々なことが出来るので可能性が広がりますよ!

子供の英語教材って星の数ほどある(少なくともそう感じる)

子供の英語教材、とにかくたくさんありますよね。

本屋に行っても、ネットで検索しても。

それぞれの教材を体験した人の体験談だったり、実際に子供が英語を話している姿だったり、色々な宣伝内容に子供の英語教材を探す親は迷います。

  • 良質で相性の良い教材を見つけたいけど、複数の教材を比較するのがめんどう…
  • 正直、どれも同じに見えてくる(汗)
  • 子供の英語教材を探しているけど、予算に縛りがある
  • 高いお金を出しても、毎日続けられるか心配

やればやろうとするほど迷路に迷い込む子供の英語教材探し。

もう誰か決めて(´ε`;)…

みたいな気持ちになってくる。

そんな時は、まず肩の力を抜きましょ。

子供が英語を継続できるか否かは、まず親がサポートを継続できるかという点が重要になってきます。

なので、教材探しからピリピリせず、気長にね。

 

DWE、私が放置してしまった理由

自慢じゃないけど、我が家には有名なDWE(ディズニー ワールド オブ イングリッシュ)の”Step by step”が放置されています。

おさがりの教材ながら、とても綺麗な「新古品」を超格安で入手できたにもかかわらず、放置の刑

ミッキー達の笑顔が痛いよね。ほんと。

教材自体はね、とても良いんですよ。

(映像は古いけど。正規の値段は全然可愛くないけど。営業がしつこいけど。)

…まぁ、それはさておき。

なぜDWEが放置で終わってしまったのか。

その最大の理由は「手間」にありました。

DVDの再生ボタンを何度も押す手間をかける忍耐力が私にはなかったってことです。

…どんだけダメ親かよ。

そんな指摘もあるでしょうね。

あまんじて受け入れます。

「DWEはDVDの再生ボタンを押せばいいだけ!」みたいにレビューしている方もいますが、教材の中身はいくつかのステージに分かれています。

なので、それらのステージを進めるには、リモコンのボタンを押さなくてはなりません。

各ステージの時間はものの数分なので、子供がまだリモコンを使いこなせない年齢の時は、必然的に親がついていないといけない図。

我が家は共働き家族なので、DVDを見せられる時間は限られている上、その限られた時間で家事もしないといけないわけで。

この再生ボタン問題は地味に手間。

かつては再生ボタンを押して、歌だけ流している時もありました。

が、しかし、子供は途中で違うこと始めるので果たして聞いているのかも怪しい。

そうなってくると、親の心は折れやすい。

他のテレビ番組に興味を持ち始め、ディズニーに見向きもしなくなる、っていう他の理由もあったけど、DWE最大の敗因は「手間がかかる」→ めんどうだな…っていう親の心の壁でした。

 

オススメの英語教材は?ズボラな私でも続けられたのはコレ

それでは、こんなズボラな私でも継続できた幼児〜子供向け英語教材を紹介します。

オススメ幼児〜子供向け英語教材

アルク:エンジェルコース

  • 対象:胎児~3歳
  • 1日の学習目安:30分〜
  • 学習期間:12ヶ月
  • 価格:税込 31,320円 (税込)2019年 9月価格

パルキッズ:プリスクーラー

  • 対象:0歳〜8歳
  • 1日の学習目安:90分 (聴き流すCDの構成は約30分/回)
  • 学習期間:24ヶ月
  • 価格:65,000円(税込) (66,204円 税込 2019年10月〜)

我が家は長男が1歳の時にアルクのエンジェルコースを体験し、後に3歳〜4歳位からパルキッズのプリスクーラーをはじめました。

アルクは、(株)アルク(創業1969年)、パルキッズは(株)児童英語研究所 (創業1983年)どちらとも英語教材においては、老舗的会社になります。

(株)アルク

大人向けの英語教材で有名な「1000時間ヒアリングマラソン」や、「キクタン 英会話」なんかで知っている人も多いかもしれませんね。

私もここの教材にはだいぶ助けられています。今の自分の英語耳とか、会社で使っているビジネス英語の基礎とか、アルクなしには語れないくらい。

パルキッズ

パルキッズは、こちらも有名な「七田式幼児教育方法」がベースにある幼児英語教材。

七田式教育は、1)人間が右脳に秘めた能力に、イメージトレーニングやフラッシュカード、記憶法などで働きかけ、その潜在能力を引き出し 2)プリント学習や読み書きの繰り返しで左脳に能力を定着させるというメソッドです。

右脳に働きかける…とか言われると反射的に「怪しい…」って思うなかれ。

七田式教育のベースにある知育、徳育、体育、食育の話を聞くと、「その通り」って頷くことが多いです。「魂の教育」なんて名前がついてのも納得がいきます。

この教育方法はアジアや欧米(カナダ)にもじわじわ広がりつつあるそうで、人気の高さが伺えます。

アルクとパルキッズのオススメ理由は?

では、ズボラな私でも続けられたアルクとパルキッズのオススメ理由をあげてみます。

1)アルクとパルキッズは学習方法が手間いらず

まずはこれでしょ。

DWEで挫折した壁はクリア。

両方の教材とも、学習方法に手間がなく、続けることが苦じゃなかったのが大きい。

学習方法は、基本的に「聞き流し」で英語耳の基礎作りです。

発話よりも、まず聴く。

親がやることといえば、再生ボタンのポチだけ。1度押したら30分はそのままで大丈夫。

リピート機能使っておけば、本当に1回だけ。これくらいは、ズボラな私でもできた(´∀`)ノ

1ヶ月にCD1枚換算なので、何度もCDを入れ替える必要すらありません。

1ヶ月で聴く量(CD)が明確なので、習慣化しやすいのもおススメポイントです。

アルクのエンジェルコースもパルキッズも、推奨リスニング時間として30分〜としているので(パルキッズは90分/日)、繰り返し聴かせるのが大切ですね。

仕事をしているお母さんだと、この時間捻出頭痛の種かもしれません。

でも、いいんですよ。30分しか無理ならそれだけでも。

とにかく続ければいい。

両教材とも、日時生活のBGM的に流しておけば良いと案内があるので、その点も親の心には優しいですね。

また両教材とも「親と子供の会話」が入っているので、とてもなじみやすいです。

会話の内容に全部ついていけなくとも、イメージしやすい。

なので、子供も会話を聞きながら

「この赤ちゃん、ご飯食べたくないのかな」

とか、

「トシオ(パルキッズに出てくる男のコ)、お母さんに怒られたね www」」

みたいに楽しんでいます。

アルクのエンジェルコースは、CDの内容が全て記載されているテキストもついていますが、無理に読む必要もありません。

個人的には、馴染みのある昔話や童話を英語で聞くのが好きでしたね。(アルク エンジェルコース)

パルキッズは聞き流しのCDに加えて、毎日数分間のオンラインレッスンが付いてきます。レッスンというよりかはゲームみたいな感じですかね。子供は毎回楽しんでやっていました。

 

2) 全てが英語音声で構成されている

幼少期に英語をスタートするなら「英語音声のみ」は、絶対押さえたいポイントです。

なぜなら、音を聴くことにおいて、乳児〜幼児期の耳は大人よりめちゃんこ長けているから。

耳の黄金期です。

英語は日本語と周波数が異なるので、まず音に慣れることが第一歩。

日本語の周波数だけを聞いて育つと、その他の異なる周波数の言語を脳は「言葉」として認識できません。

聞けない音は出せない、のロジックがここにありますね。

なので、耳の黄金期に大量の英語をインプットをすることで、英語耳の下地作りをすることは何よりも重要なのです。

子供の頃に英語を始める理由は、このためって言っても過言ではないくらい。

だから、全部英語の教材がいい。日本語の説明は一切なし。

英語を聴き続けていたら、ある日突然口から英語が出た!みたいな話。宣伝文句によくありますよね。

あれは大人になってから英語を始める人にはまずないです。残念ながら。聴くだけでは無理。

でも!

柔軟性がある子供にはあり得る話。まじで。

私は自身が帰国子女でもなく、長い留学もない国産の後発英語習得者なので、音を聴くことがどれだけ大事かは重々承知しています。

こちらも参考になれば。

なぜ英語の音に慣れないといけないの?

 

3)アルクもパルキッズも価格が良心的

子供の英語教材って高いですよね(´ε`;)ゝ

DWE(ディズニー ワールド オブ イングリッシュ)を筆頭に、ベネッセのWorldwide kids(ワールドワイドキッズ)など、軽く20万円吹っ飛びます。

DWEに至っては、全部まるっと揃えると100万円に届きそうなレベルです。

家族旅行に行けるし、良さげな家具が買えるじゃないか(゚Д゚;)

教材以外の英語イベントや、各種サポートを含んだ金額とは言えやっぱり高い印象が拭えません。

その点、アルクのエンジェルコースとパルキッズのプリスクーラーは納得価格。

兄弟二人に聞かせることも考慮したら悪くない(むしろ優秀な)コスパかなと納得しました。

 

4)アルクもパルキッズも「シンプル」

そう。シンプルなんです。

学習方法に引き続き、教材も、購入方法もシンプル。

教材がシンプル

またもや引き合いに出して申し訳ないんですが…

DWE やWWKの教材に登場するような、可愛い宣伝キャラクターが、アルクとパルキッズの教材にはいません。

グッズもないしね。

硬派。こびてない。

人によっては、教材で使うキャラクターが決め手になると思うので一概には言えませんが、

私はこの硬派な感じにとても好感が持てました。

少なくともキャラクターを使って莫大な広告費用はつぎこんでなさそうなので、健全じゃないですか?

 

購入方法がシンプル

双方オンラインでポチッとクリックのみ。

DWEは営業の方を通してのみ、教材が買えるそうで…その為に自宅に営業さんに来てもらい、永遠と教材のプレゼンを受けないといけないとか。

体験談をネット上で拝見する限り、「本日お申し込み頂くと、お安くなります」戦術も飛び出るようなので、矢継ぎ早に色々と決めさせられるのかな、という印象です。

アルクもパルキッズもそういった煩わしさはありません。

購入後も追加の勧誘など一切なしでした。

 

5)アルクもパルキッズもゴール設定がイメージしやすい

双方とも比較的短期のゴール設定なので、続けていくのが苦痛ではなかったです。

  • アルク: エンジェルコース:12ヶ月
  • パルキッズ:プリクーラー:24ヶ月

毎日を積み重ねていたら、気がつけば1〜2年経過してた、という感じ。

もちろんその間に途中でCDを聴かない日もたくさんありましたが(´ε`;)

必要以上に「あぁ、しっかり管理してあげなきゃ」とか、「ノルマこなさなきゃ」みたいな感情は背負わないこと。

まぁとにかくやめなければいい。

ひたすら続ける。

それぞれ1年と2年の教材を終えた後も、続けようと思えば他にも継続できる教材があるので、その点もいいですね。

アルクは子供から学生、大人まであらゆる範囲の人を対象にした魅力的な教材があるので、その教材一覧を見ているだけで自分も勉強しないとな、みたいな刺激をうけます。

実際、長男の産育休中には自分もアルクの1000時間ヒアリングマラソンを受講してみました。

あれは効きますよ(・∀・) 英語耳への近道。

 

まとめ: 幼児~子供の英語教材オススメ

ではでは、おさらいとしてこれまで書いた内容のざっくりまとめです。

子供の英語教育を継続できるか否かは、親が子供と一緒にサポートを継続できるかという点にかかっています。なので、あなたが納得いく教材を見つけられるよう気長に臨みましょう。

せんえつながら...私が教材を選んだ選択ポイントは以下。

  • 継続する上で、あなた=親が子供と一緒に続けられそうな教材か?学習の手間と手順が少ないものがおススメ。
  • 教材は全て英語で構成されているものがオススメ。子供の耳が柔軟な「黄金期」をむだにしないため。
  • 教材の価格はやっぱり抑えたものがいい。費用対効果を考慮してみてね。
  • 教材はシンプルでコンパクトが一番いい。華美な必要はないです。
  • 学習ゴールが遠すぎないと、目標を持って続けられるよ。

オススメ教材はこちら。

アルク:エンジェルコース
(胎児〜3歳まで対象)



  • 1日の学習目安:30分〜
  • 学習期間:12ヶ月
  • 価格:税込 31,320円 (税込)9月価格

エンジェルコース以外にも子供用英語教材そろってます。

アルクの子供用英語教材

 

パルキッズ:プリスクーラー (0歳〜8歳)

  • 1日の学習目安:90分 (聴き流すCDの構成は約30分/回)
  • 学習期間:24ヶ月
  • 価格:65,000円(税込) (66,204円 税込 2019年10月〜)*オンラインレッスン付き

子供の耳は、スポンジの吸収力!

ぜひとも、この大切な時期にたくさん英語をきかせてあげてみてくださいね(。´・∀・)ノ゙


人気ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
てんてこマンマ

てんてこマンマ

留学なし純国産の学校授業で英語を習得。もとデパガが英語を身につけ外資系働きマンに。東京在住、2児( ♂)のおかん。子育ては「モノより思い出」をモットーにマイルで旅する陸マイラー。 子育て、英語習得、陸マイラーや副業模索の道。これまで自分が試してきたこと、失敗したこと、現在進行形の話、これから挑戦したいことの諸々をブログにしたためています。忙しい毎日に心の余裕とスパイスを!一人でも多くの人に役に立てれば万々歳。 この度未来の選択肢を増やすため副業で成功すると決めました。近未来は場所を選ばぬノマドワーカーへ ✨ 人気ブログランキング、参加してマス。よろしくお願いします。 人気ブログランキング Follow @tentekomom

-子ども英語, 子育て, 英語習得
-, ,

Copyright© てまひマンマ備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.